Marli's マッドスキッパーランド HOME >トビハゼ>

トビハゼin須磨水族館

トビハゼin須磨水族館

Periophthalmus modestus 2001.06月 撮影

須磨トビハゼ

トビハゼ

和名 トビハゼ
地方名 カッチャンムツ
学名 Periophthalmus modestus
読み ペリオプタルムス モデストゥス
寿命 自然下で2〜3年程度。飼育下では環境次第でさらに伸びる。
体長 最大で10cm前後
分布 日本では東京湾を北限とし、以西に生息
生息域 河口の干潟(汽水域)
食性 干潟の小さいカニやヨコエビなどの甲殻類、多毛類、虫など
産卵期 雄は縄張りを作り、その中で泥に径2cm程度・深さ15~30cmの垂直(or斜め)の穴を掘り、そこから再び上へ10cm程度掘り上がって横穴を作り産卵室を設ける。求愛行動を行って雌を巣穴に誘う。
冬期 自然下では越冬用の巣穴を掘り、代謝を落とし休眠に近い状態になる。
飼育下では通年活動する
呼吸
※属共通
水中で鰓を使って呼吸する以外に、皮膚をぬらした状態を保つことで、ある程度の皮膚呼吸ができる。また、口中に水を貯め、鰓へ送る事で陸上でもしばらくの間、鰓呼吸が可能。

飼育環境の補足

飼育の詳細はアクアリストのためのマッドスキッパー飼育方法を参照

冬の休眠をさせるには準備が難しいので、冬も飼育温度15度以上にして活動させておくほうが容易い。他種と比べると、喧嘩はするものの複数飼育が比較的しやすい。
トビハゼ

須磨海浜水族館のトビハゼたち

写真は完全な成体(10cm)。ミナミトビハゼに似てるけどやや顔が違う。口元かな?
2種の顕著な違いは背鰭。トビハゼは第一背鰭のてっぺんがアーチ型になってるのと、背鰭のつき位置がミナミトビハゼより後ろかげんなことが決定的。
トビハゼの腹ヒレがどうなってるかはふつう、屋外じゃ見えないからね。
トビハゼ
前からみると、ますますミナミトビハゼに似てる。トビハゼのアジア顔?

2種が同時に干潟に存在する場所はいがいと少なくて、沖縄ぐらいなんだな。
ミナミトビハゼのほうの北限が奄美で、トビハゼのほうの南限が沖縄だから。

干潟とともに消える命

この種の魚としては珍しく、トビハゼは随分北のほうまで生息地があるというのに。都会の川の小さな干潟に細々と生き残るトビハゼがレッドデータブックに記載されるまでに激減した理由は乱獲ではなく、干潟の消滅が原因にほかならない。護岸をコンクリートで固めた川に、増水時の排水路以外のどんな力があるというんでしょうね。海を育てるのは山、山の恵みを海へ運ぶのは川、水を濾過するのは川底の石であり砂であり、川岸や水底の植物だというのに。
親水公園だの河川敷公園だの、そんなところまで安全で清潔なレジャーにしちゃって、目先の事だけ考えていればいいってものじゃあないでしょう。
ない土地を作るために無理矢理埋め立てて増やした土地がゼロメートル地帯だったり、埋め立てのために切り崩した山が森を無くして水を保水できずに土石流になったり、それをふせぐために更にダム作ってみたりしてたんじゃ、自分達が生きている間だけよけりゃそれでいいのが丸出しじゃあありませんか。
資源的価値がどうだとか、それで利益が出るのかとか、そういうレベルでものを考えるのはいつまで続くんでしょうか。

遊びに来た子供達が1つ2つの小さな魚をとる事ですら、「保護区だよ!」と言って禁止しなきゃいけないほど減らしちゃったいろんな自然の生き物。網で掬った魚をのぞき込んでワクワクする楽しさすら、後世の人には贅沢な遊び・禁じられた遊びになってしまうんでしょうね。(いや、今でも既にかなりその感があります)

私は魚採りが大好きだ!
無論乱獲するわけないし生息地の環境にも注意を払っているという自負もある。
けどその大好きな魚採りも、できる場所が急速に減ってきた。
私が生い茂る草を踏みしだかないように注意を払ってあるいた池のほとりも、次に訪れた時にはショベルカーが切り裂いて土の山に変えていたりする。どんどんつまらない世の中になっていくね。

トビハゼ

珍しいから欲しい?いっぱいいるから雑魚?

環境破壊とともにRDB種なってしまった魚たちは、それが元で「レアものゲット君」たちの興味をひいてしまい、絶滅にむけて最後のとどめをさされることがある。
トビハゼが飼育魚としては不人気である事が、からくも彼らの命を救っている。少なくとも今はそれがありがたい。マニアはえてして人にうやらましがられるものを欲するものだからだ。
飼育魚として不人気であることをわざわざ幾度も強調しているのは、このため。トビハゼがただ好きだという人以外に、いらぬ興味(レアものゲット心理)を起こしてもらいたくないから。

大体、絶滅危惧種と決まったとたんに欲しがったりありがたがるのはどういうわけだ。
私が飼ってる魚に「それ珍しいの?」だの「それ高いの?」だの聞くな。
好きだから飼ってるんだ。採集したら安く上がるでしょとか、いくら得したとか言うのよせ。バーゲンで要らないものまで買って、これ普通に買ったらいくらだから、いくら得した計算よーとか言うオバハンじゃあるまいし。 ほっといてくんな。
絶滅を危惧されているのは特定の魚やカニというよりむしろ干潟そのものだ。

All photographs,images on this website are Copyright(C) Marli Tanabe. All Rights Reserved.