身近な植物 HOME>近畿の季節の野草
野草50音順野草花色順野草花期順学名覚書花樹緑blog
ヨウシュヤマゴボウ
Phytolacca americana L.
フィトラクカ アメリカナ



上の写真について 09月 明るい日陰にて撮影
科名 ヤマゴボウ科 Phytolaccaceae
花期(一般)/花色 6-10月/白色の花を咲かせる
草丈 50~150cm
毒性があり安易に用いるのは危険ですが、ごく若い葉に限り、何度か茹でこぼす処理をすれば食用となるようです。種にも毒があり、下痢や嘔吐の原因となるそうです。面倒な下処理をしても毒が抜けたかどうか定かでないのに危険を犯してまで食べなくてもいいのではないかと思います。
薬効/毒 強毒/海外では民間薬などで利用されている
(興味のある方はPFAF等で検索してご覧下さい)
備考 多年草/外来種

(興味のある方はPFAF等で検索してご覧下さい)樹液は有毒で肌に付着すると皮膚炎を起こす可能性がある。除草などの際に皮膚のすり傷から液が入ると吸収され血液に問題を起こすので注意。

花の拡大写真


全草の草姿


Phytolacca americana L. 学名解説

属名 Phytolacca ヤマゴボウ属
種小名 americana アメリカの
命名者 L. Carl von Linne(1707-1778)
Author名:Linnaeus
標準表記:L.
専門分野:藻類、蘚苔類、菌類・地衣類、シダ類、種子植物
主要フィールド:スエーデン


写真使用規約 All photographs,images on this website are
Copyright(C) Marli Tanabe. All Rights Reserved.

ページの先頭に戻る
身近な植物 HOME>近畿の季節の野草