身近な植物 HOME>近畿の季節の野草
野草50音順野草花色順野草花期順学名覚書花樹緑blog
ヤブガラシ
Cayratia japonica Gagnep.
カイラティア ヤポニカ



上の写真について 07月 明るい茂みにて撮影
科名 ブドウ科 Vitaceae
花期(一般)/花色 7-8月/緑色の花を咲かせる
草丈 つる性
春先の茶色い新芽は数時間かけた周到な灰汁抜き処理をすれば食べられるが多食すると喉に異常が出るらしい。
薬効/毒 民間薬として利用される
備考 多年草
地下茎をのばしてどこにでもよく繁殖、まきひげをつかってどんどん他の草木をよじ登ります。初夏から盛夏にかけて、小さな花をたくさんつけますが、がくは退化し、花びらは茎とかわらぬ薄い緑色で、しかもすぐに落ちてしまうのであまり花らしくありません。
下の写真は花の拡大写真です。まだ左の花は花びらが残されていて、右がわは散りはじめています。花びらが散り落ちると、花盤はじきにうすいピンク色に変わり、雌しべが成熟をはじめます。

花の拡大写真


Cayratia japonica Gagnep. 学名解説

属名 Cayratia ヤブガラシ属
種小名 japonica 日本の
転属等 Gagnep. Francois Gagnepain(1866-1952)
Author名:Gagnepain
標準表記:Gagnep.
専門分野:種子植物
主要フィールド:中国、 フランス


写真使用規約 All photographs,images on this website are
Copyright(C) Marli Tanabe. All Rights Reserved.

ページの先頭に戻る
身近な植物 HOME>近畿の季節の野草