身近な植物 HOME>近畿の季節の野草
野草50音順野草花色順野草花期順学名覚書花樹緑blog
シャクチリソバ
Fagopyrum dibotrys (D.Don) H.Hara
ファゴピルム ディボトルイス



上の写真について 11月 川原の広く明るい草地にて撮影
科名 タデ科  Polygonaceae
花期(一般)/花色 9-11月/白色の花を咲かせる
草丈 40~120cm
葉は生または調理して食べられる。種は粉にするなどして食べられる。ルチン(ビタミンP)の原料。ルチンは発ガン抑制や放射線保護などの効果があるとされる。ルチンは熱に強く水溶性。
薬効/毒 生薬(赤地利)として利用されている
備考 多年草/外来種
インド~中国大陸原産の外来草で、日本のソバと違い、多年草。現地では作物として栽培もされる。 互生する葉は長い柄があり、茎を抱かない。

shakuchirisoba

shakuchirisoba

shakuchirisoba

shakuchirisoba



Fagopyrum dibotrys (D.Don) H.Hara 学名解説

属名 Fagopyrum ソバ属
種小名 dibotrys (不明、調査中)
命名者 D.Don David Don (1799-1841)
Author名:D. Don
標準表記:D. Don
専門分野:菌類・地衣類、シダ類、種子植物
主要フィールド:インド
転属等 H.Hara 原 寛(1911-1986)
Author名:H. Hara
標準表記:H. Hara
専門分野:蘚苔類、シダ類、種子植物
主要フィールド:中国、 日本、 ネパール
Reference Authors of Plant Names. 1992
Synonim

写真使用規約 All photographs,images on this website are
Copyright(C) Marli Tanabe. All Rights Reserved.

ページの先頭に戻る
身近な植物 HOME>近畿の季節の野草