身近な植物 HOME>近畿の季節の野草
野草50音順野草花色順野草花期順学名覚書花樹緑blog
スズメノテッポウ
Alopecurus aequalis Sobol. var. amurensis (Kom.) Ohwi
アロペクルス アエクアリス アムレンシス

スズメノテッポウ

上の写真について 04月 田起こし前の田圃にて撮影
科名 イネ科 Gramineae
花期(一般)/花色 4-6月/緑色の花穂に黄色の葯を散らした花を咲かせる
草丈 20~40cm
不明
薬効/毒 不明
備考 越年草/史前帰化植物
レンゲの花が咲く頃、畑や田で繁茂するのをよく見かける。
小さくて可愛らしい形状の草だが農家には嫌われる。

Alopecurus aequalis Sobol. var. amurensis (Kom.) Ohwi 学名解説

属名 Alopecurus スズメノテッポウ 属
種小名 aequalis 同大の
命名者 Sobol. Gregor Fedorovitch (Grigoriy Fedorowich) Sobolewsky(1741-1807)
Author名:Sobolewsky
略表記:Sobol.
専門分野:種子植物
主要フィールド:ロシア
変種名
var.
amurensis アムール地方の
命名者 Kom. Vladimir Leontjevich(Leontevich) Komarov 1869-1945
Author名:Komarov
略表記:Kom.
専門分野:藻類、菌類・地衣類、シダ植物類、種子植物
主要フィールド:ロシア
移動・統合等 Ohwi 大井次三郎(1905-1977)
Author名:Ohwi
標準表記:Ohwi
専門分野:シダ類、種子植物
主要フィールド:インドネシア、日本
専門研究分野:カヤツリグサ科


写真使用規約 All photographs,images on this website are
Copyright(C) Marli Tanabe. All Rights Reserved.

ページの先頭に戻る
身近な植物 HOME>近畿の季節の野草