身近な植物 HOME>近畿の季節の野草
野草50音順野草花色順野草花期順学名覚書花樹緑blog
スイバ
Rumex acetosa L.
ルメクス アケトサ

スイバ

上の写真について 04月 開けた草地にて撮影
科名 タデ科 Polygonaceae
花期(一般)/花色 4-6月/薄い赤色の花を咲かせる
草丈 30~80cm
生葉を噛むと酸っぱい。風味付けとしてサラダに利用できるがシュウ酸を多く含むので生で多食してはいけない。茹でこぼす事でシュウ酸を減らせる。根は乾燥させて粉に挽いて食用になる。種子や花も食用になる。
シュウ酸を多く含む植物を摂取した場合、次の持病の病状が悪化する可能性がある。リウマチ 関節炎 痛風 腎臓結石 胃酸過多等、シュウ酸に影響される病気。
薬効/毒 全草(生薬(酸模):寄生性皮膚病 疥癬
備考 多年草

Rumex acetosa L. 学名解説

属名 Rumex ギシギシ属
種小名 acetosa 酸っぱい
命名者 L. Carl von Linne (1707-1778)
Author名:Linnaeus
標準表記:L.
専門分野:藻類、蘚苔類、菌類・地衣類、シダ類、種子植物
主要フィールド:スエーデン


写真使用規約 All photographs,images on this website are
Copyright(C) Marli Tanabe. All Rights Reserved.

ページの先頭に戻る
身近な植物 HOME>近畿の季節の野草