身近な植物 HOME>近畿の季節の野草
野草50音順野草花色順野草花期順学名覚書花樹緑blog
スギナ
Equisetum arvense L.
エクィセツム アルウェンセ



上の写真について 05月 山腹の休耕畑にて撮影
科名 トクサ科 Equisetaceae
花期(一般)/花色 花は咲かない。春先、胞子茎を出す
草丈 10~40cm
山菜として知られているが、いくつかの毒素が報告されているので多食を避け、茹でこぼすなどの灰汁抜きをする。
つくしにはチアミナーゼ(チアミン分解酵素)が含まれる。チアミナーゼは熱によって分解されるので必ず熱を通して使う。
薬効/毒 生薬(問荊)として利用されている
備考 スギナ(ツクシ)は種子植物ではなく、シダ植物の仲間で、胞子によって繁殖します。

Equisetum arvense L. 学名解説

属名 Equisetum トクサ属
種小名 arvense 野に生える
命名者 L. Carl von Linne(1707-1778)
Author名:Linnaeus
標準表記:L.
専門分野:藻類、蘚苔類、菌類・地衣類、シダ類、種子植物
主要フィールド:スエーデン


写真使用規約 All photographs,images on this website are
Copyright(C) Marli Tanabe. All Rights Reserved.

ページの先頭に戻る
身近な植物 HOME>近畿の季節の野草