身近な植物 HOME>近畿の季節の野草
野草50音順野草花色順野草花期順学名覚書花樹緑blog
シナガワハギ
Melilotus suaveolens Ledeb.
メリローツス スアウェオレンス



上の写真について 05月 港の緑地帯にて撮影
科名 マメ科 Leguminosae
花期(一般)/花色 5-10月/黄色の花を咲かせる
草丈 60-100cm
新鮮な若芽を利用する
※乾燥した葉は肝毒性のあるクマリンを含み危険
薬効/毒 海外では民間薬などで利用されている
(興味のある方はPFAF等で検索してご覧下さい)
備考 越年草/外来種
海沿いに多く帰化する。東京は品川の海辺ではじめて確認された事から名付けられたそうです。







Melilotus suaveolens Ledeb. 学名解説

属名 Melilotus シナカワハギ属
種小名 suaveolens 芳香のある
命名者 Ledeb. Carl Friedrich von Ledebour (1785-1851)
Author名:Ledebour
標準表記:Ledeb.
専門分野:シダ植物、種子植物
主要フィールド:ドイツ、ロシア、スエーデン


写真使用規約 All photographs,images on this website are
Copyright(C) Marli Tanabe. All Rights Reserved.

ページの先頭に戻る
身近な植物 HOME>近畿の季節の野草