身近な植物 HOME>近畿の季節の野草
野草50音順野草花色順野草花期順学名覚書花樹緑blog
シャガ
Iris japonica Thunb.
イリス ヤポニカ



上の写真について 05月 低山中腹の雑木林内 にて撮影
科名 アヤメ科 Iridaceae
花期(一般)/花色 4-5月/薄い青色の花を咲かせる
草丈 (花茎)50~60cm
根から澱粉が採れるが、同属がそうであるようにシャガの根にもイリシンが含まれている(有毒である)可能性がある
薬効/毒 生薬(白花斜干)として利用されている
備考 多年草 葉は全て一方に倒れる
種子ができず、地下茎で増えるため 自然にあちこちに繁殖することはない。誰もいない場所で繁殖していたとしても、何らかの人為的な要因がある。
この草は病害虫が少なく、常緑かつ日陰を好み、群落の全ての葉が同一方向に倒れるので、日陰にある傾斜した土地のグランドカバーによく用いられる。
ただし、小さな庭の隅にちょっと露地植えしようなどと思ったら、庭を占領されるかもしれないので注意が必要。少々の深さの外枠など、地下から軽く抜けてくる。



Iris japonica Thunb. 学名解説

属名 Iris アヤメ属
種小名 japonica 日本の
命名者 Thunb. Carl Peter Thunberg(1743-1828)
Author名:Thunberg
標準表記:Thunb.
専門分野:藻類、蘚苔類、菌類・地衣類、シダ類、種子植物
主要フィールド:フランス、インドネシア、日本、
オランダ、南アフリカ、 スリランカ、スエーデン


写真使用規約 All photographs,images on this website are
Copyright(C) Marli Tanabe. All Rights Reserved.

ページの先頭に戻る
身近な植物 HOME>近畿の季節の野草