身近な植物 HOME>近畿の季節の野草
野草50音順野草花色順野草花期順学名覚書花樹緑blog
ノアズキ
Dunbaria villosa (Thunb.) Makino
ヅンバリア ウィルローサ



上の写真について 09月 水辺の明るい草地にて撮影
科名 マメ科 Leguminosae
花期(一般)/花色 8-9月/黄色の花を咲かせる
草丈 つる性
不明
薬効/毒 不明
備考 多年草
日当たりのいい草地で割合よくみかける、多年草のつる草。葉の形がクズに似ています。似た種に「ヤブツルアズキ」があり、そちらのほうは小豆の原種ともいわれています。花は似ていますが、葉の形が異なるので見分けがつきます。

花の拡大写真


Dunbaria villosa (Thunb.) Makino 学名解説

属名 Dunbaria ノアズキ属
種小名 villosa 長軟毛のある
命名者 Thunb. Carl Peter Thunberg(1743-1828)
Author名:Thunberg
標準表記:Thunb.
専門分野:藻類、蘚苔類、菌類・地衣類、シダ類、種子植物
主要フィールド:フランス、インドネシア、日本、
オランダ、南アフリカ、 スリランカ、スエーデン
転属等 Makino 牧野 富太郎(1862-1957)
Author名:Makino
標準表記:Makino
専門分野:シダ類、種子植物
主要フィールド:日本
日本の植物分類学における第一人者。
現在も「原色牧野植物大図鑑」は広く読まれている。
精緻な植物画も大きな特徴。高知出身。


写真使用規約 All photographs,images on this website are
Copyright(C) Marli Tanabe. All Rights Reserved.

ページの先頭に戻る
身近な植物 HOME>近畿の季節の野草