身近な植物 HOME>近畿の季節の野草
野草50音順野草花色順野草花期順学名覚書花樹緑blog
ニワゼキショウ
Sisyrinchium rosulatum E.P.Bicknell
シシリンキウム ロスラーツム



上の写真について 09月 公園の芝生内にて撮影
科名 アヤメ科 Iridaceae
花期(一般)/花色 6-9月/白色またはピンク色の花を咲かせる
草丈 10~25cm
不明
薬効/毒 不明
備考 多年草/外来種
摘むと間もなくしおれてしまう弱い花なのですが、人がふみつける場所でも割に群生しています。花は直径1センチ程の赤紫か白で、おおよそ水平まで開く。
近似種に「オオニワゼキショウ」があり、こちらは草丈や葉幅は本種より大きいものの、逆に花がひとまわり小さく、花は薄い青。 また、最近では赤い筋の入らない小型の白花種(セッカニワゼキショウ)をよく見かける。



Sisyrinchium rosulatum E.P.Bicknell 学名解説

属名 Sisyrinchium ニワゼキショウ属
種小名 rosulatum バラもようのある
命名者 E.P.Bicknell Eugene Pintard Bicknell(1859-1925)
Author名:E. P. Bicknell
標準表記:E. P. Bicknell
専門分野:種子植物
主要フィールド:アメリカ


写真使用規約 All photographs,images on this website are
Copyright(C) Marli Tanabe. All Rights Reserved.

ページの先頭に戻る
身近な植物 HOME>近畿の季節の野草