身近な植物 HOME>近畿の季節の野草
野草50音順野草花色順野草花期順学名覚書花樹緑blog
メリケンカルカヤ
Andropogon virginicus L.
アンドロポゴン ウィルギニクス



上の写真について 10月 明るい草地にて撮影
科名 イネ科 Gramineae
花期(一般)/花色 10-11月/白い綿毛のある花を咲かせる
草丈 50~120cm
不明
薬効/毒 海外では民間薬などで利用されている
(興味のある方はPFAF等で検索してご覧下さい)
備考 多年草/外来種
近畿では普通な北アメリカ原産の多年草。痩せた土地にもよく育つため、都市部でもよく見かけます。秋が近づくにつれ 全草が写真のように茶褐色に変わりはじめます。
白い綿毛は結実すると種の飛散に役立ちます。

綿毛のアップ


Andropogon virginicus L. 学名解説

属名 Andropogon ウシクサ属
種小名 virginicus ヴァージニアの
命名者 L. Carl von Linne(1707-1778)
Author名:Linnaeus
標準表記:L.
専門分野:藻類、蘚苔類、菌類・地衣類、シダ類、種子植物
主要フィールド:スエーデン


写真使用規約 All photographs,images on this website are
Copyright(C) Marli Tanabe. All Rights Reserved.

ページの先頭に戻る
身近な植物 HOME>近畿の季節の野草