身近な植物 HOME>近畿の季節の野草
野草50音順野草花色順野草花期順学名覚書花樹緑blog
メノマンネングサ
Sedum japonicum Siebold
セヅム ヤポニクム



上の写真について 11月 海岸べりの岩上にて撮影
科名 ベンケイソウ科 Crassulaceae
花期(一般)/花色 5-6月/黄色の花を咲かせる
草丈 10cm内外
救荒植物。葉や茎をよく茹でれば利用可能。※多食で腹を壊す
(救荒植物=飢饉の時に利用される植物。つまり何らかの一般の食用に不向きな理由を持つという事。不味い、毒、下処理が大変、収量が少ない等、理由は様々)
薬効/毒 不明
備考 多年草
真冬以外の何時見に来ても花が咲いていた事はありませんでしたので、同定には迷いがありましたが、丸い葉肉が隙間無く密生しているのを見ると、やはりメノマンネングサなのだろうと思います。こんな切り立った岩を選んでわざわざ過酷な環境を生きるマンネングサは、競争力に乏しかったのかもしれません。ここなら他の種と生育場所を争わなくてもすみますから。

Sedum japonicum Siebold 学名解説

属名 Sedum マンネングサ属
種小名 japonicum 日本の
命名者 Siebold Philipp Franz von Siebold(1796-1866)
Author名:Siebold
標準表記:Siebold
専門分野:種子植物
主要フィールド:ドイツ、インドネシア、日本、 オランダ
著作:Flora Japonica sive plantae, quas in imperio japonico collegit
シーボルトといえば知らぬ人はいない。


写真使用規約 All photographs,images on this website are
Copyright(C) Marli Tanabe. All Rights Reserved.

ページの先頭に戻る
身近な植物 HOME>近畿の季節の野草