身近な植物 HOME>近畿の季節の野草
野草50音順野草花色順野草花期順学名覚書花樹緑blog
キュウリグサ
Trigonotis peduncularis (Trevir.) Benth.
トリゴノティス ペヅンクラリス



上の写真について 05月 日当たりのいい草地にて撮影
科名 ムサラキ科 Boraginaceae
花期(一般)/花色 4-5月/x色の花を咲かせる
草丈 20~30cm
救荒植物。利用部位は若い葉。
(救荒植物=飢饉の時に利用される植物。つまり何らかの一般の食用に不向きな理由を持つという事。不味い、毒、下処理が大変、収量が少ない等、理由は様々)
薬効/毒 生薬(附地菜)として利用されている
備考 越年草/史前帰化植物
2mmほどの 小さな花をつける。花序は開花にともなって長く間伸びしていく。ワスレナグサと間違われる事があるが、ワスレナグサの花はもっと大きい(8mm程)

ちいさく雑多に見えるキュウリグサの群落


Trigonotis peduncularis (Trevir.) Benth. 学名解説

属名 Trigonotis キュウリグサ属
種小名 peduncularis 花柄のある
命名者 Trevir. Ludolf Christian Treviranus(1779-1864)
Author名:Treviranus
標準表記:Trevir.
専門分野:シダ類、種子植物
主要フィールド:ドイツ
転属者 Benth. George Bentham(1800-1884)
Author名:Bentham
標準表記:Benth.
専門分野:菌類・地衣類、シダ類、種子植物
主要フィールド:イングランド


写真使用規約 All photographs,images on this website are
Copyright(C) Marli Tanabe. All Rights Reserved.

ページの先頭に戻る
身近な植物 HOME>近畿の季節の野草