身近な植物 HOME>近畿の季節の野草
野草50音順野草花色順野草花期順学名覚書花樹緑blog
コニシキソウ
Euphorbia supina Raf.
エウフォルビア スピナ

コニシキソウ

上の写真について 11月 道路のアスファルト上にて撮影
科名 トウダイグサ科 Euphorbiaceae
花期(一般)/花色 7-9月/おおむね白色の花を咲かせる
草丈 ほぼ地を這う
不食。恐らく樹液にジテルペン酸エステルを含む
薬効/毒 有毒/生薬(斑地錦)として利用される
備考 1年草/外来種

葉の中央付近の斑点は紅葉とともに薄くなり見えなくなる


アスファルトのひび割れの中で


Euphorbia supina Raf. 学名解説

属名 Euphorbia トウダイグサ属
種小名 supina 平伏した
命名者 Raf. Constantine Samuel Rafinesque-Schmaltz (1783-1840)
Author名:Rafinesque
標準表記:Raf.
専門分野:藻類、蘚苔類、菌類・地衣類、シダ類、種子植物
主要フィールド:イタリア、トルコ、アメリカ
最近は、種小名supinaではなくmaculataであるとされている。
属名もEuphorbiaでなくChamaesyceとする場合がある

写真使用規約 All photographs,images on this website are
Copyright(C) Marli Tanabe. All Rights Reserved.

ページの先頭に戻る
身近な植物 HOME>近畿の季節の野草