a コメツブツメクサ ~マメ科~
身近な植物 HOME>近畿の季節の野草
野草50音順野草花色順野草花期順学名覚書花樹緑blog
コメツブツメクサ
Trifolium dubium Sibth.
トリフォリウム ヅビウム



上の写真について 06月 荒れ地でない、明るい開けた場所にて撮影
科名 マメ科 Fabaceae
花期(一般)/花色 5-7月/黄色の花を咲かせる
草丈 10~30cm
不明
薬効/毒 海外では民間薬などで利用されている
(興味のある方はPFAF等で検索してご覧下さい)
備考 2年草/外来種
類似種に「コメツブウマゴヤシ」がありますが、どちらも牧草として有用だそうです。見分け方は葉先がへこんでいるか否か(へこんでいるのが本種)だといいますが、かなり判断に苦しみます。「くぼんでいる」「へこんでいる」という表現は大げさのようです。
類似種のコメツブウマゴヤシの方がやや大ぶりのようで、以下のような違いがあります。
小葉のサイズ:コメツブツメクサ=0.5~1センチ、コメツブウマゴヤシ=1~1.5センチ
頭花の花冠の数:コメツブツメクサ=5~20個、コメツブウマゴヤシ=20~30個
どちらもサイズがかぶる部分がありますが、大体の目安となるでしょう。他に、一概には申せませんが、コメツブツメクサは主な茎部分が赤茶っぽくなる事が多いようです(ただし、この写真の茎は赤茶ではなく緑)。
また、コメツブツメクサは花が枯れた後も残って果実を包み続けるため、果実は花を除かないと露出しません。

Trifolium dubium Sibth. 学名解説

属名 Trifolium シャジクソウ属
種小名 dubium 疑わしい
命名者 Sibth. John Sibthorp(1758-1796)
Author名:Sibthorp
標準表記:Sibth.
専門分野:蘚苔類、菌類・地衣類、種子植物
主要フィールド:イングランド


写真使用規約 All photographs,images on this website are
Copyright(C) Marli Tanabe. All Rights Reserved.

ページの先頭に戻る
身近な植物 HOME>近畿の季節の野草