身近な植物 HOME>近畿の季節の野草
野草50音順野草花色順野草花期順学名覚書花樹緑blog
ジャノヒゲ
Ophiopogon japonicus (L. fil.) Ker Gawl.
オフィオポゴン ヤポニクス



上の写真について 01月 低山の土手 にて撮影
科名 ユリ科 Liliaceae
花期(一般)/花色 7-8月/ごく淡い紫色の花を咲かせる
草丈 10~20cm
根は食用可能とあるが注意が必要とも書かれている。恐らくサポニンを含むからだろう。飢饉でもなければ食べる必要はない。
薬効/毒 生薬(麦門冬)として利用される。
近縁のオオバジャノヒゲも同様に麦門冬として利用される
備考 常緑多年草
この磁器のような青い実はとても魅力的な色で、好きな草の1つです。夏にはヤブランに似た薄紫の小花をいくつかひかえめにつけます。葉が常緑で日陰でもよく茂り、門前の植え込みの下草としても使われます。

Ophiopogon japonicus (L. fil.) Ker Gawl. 学名解説

属名 Ophiopogon ジャノヒゲ属
種小名 japonicus 日本の
命名者 L. fil. Carl von Linne2世(1741-1783)
標準表記:L.fil.
専門分野:藻類、蘚苔類、菌類など
(専門に特にとりたててコレといのは見当たらなかった)
主要フィールド:スエーデン
転属等 Ker Gawl. John Bellenden Ker Gawler(1764-1842)
Author名:Ker Gawler
標準表記:Ker Gawl.
専門分野:種子植物
主要フィールド:イングランド


写真使用規約 All photographs,images on this website are
Copyright(C) Marli Tanabe. All Rights Reserved.

ページの先頭に戻る
身近な植物 HOME>近畿の季節の野草