身近な植物 HOME>近畿の季節の野草
野草50音順野草花色順野草花期順学名覚書花樹緑blog
イワアカバナ
Epilobium cephalostigma Hausskn.
エピロビウム ケファロスティグマ



上の写真について 08月 高地の湖畔にて撮影
科名 アカバナ科 Onagraceae
花期(一般)/花色 7-9月/ごく薄いピンク色の花を咲かせる
草丈 15~60cm
不明
薬効/毒 不明
備考 多年草
アカバナ科の中では、比較的高地に多い種類で、水辺を好むそうです。同じ科を代表するアカバナは、このイワアカバナとそっくりですが、「長い種」の先端のふくらみが球体に近い(イワアカバナ)か細長く丸い(アカバナ、ヒメアカバナ)のかで見分けがつくそうです。花色もイワアカバナの場合かなり白っぽいのですが、アカバナは花びら全体が淡い紫なのだそうです。

Epilobium cephalostigma Hausskn. 学名解説

属名 Epilobium アカバナ属
種小名 cephalostigma 頭状の柱頭の
命名者 Hausskn. Heinrich Care Haussknecht(1838-1903)
Author名:Haussknecht
標準表記:Hausskn.
専門分野:シダ類、種子植物
主要フィールド:ドイツ



写真使用規約 All photographs,images on this website are
Copyright(C) Marli Tanabe. All Rights Reserved.

ページの先頭に戻る
身近な植物 HOME>近畿の季節の野草