身近な植物 HOME>近畿の季節の野草
野草50音順野草花色順野草花期順学名覚書花樹緑blog
ホトケノザ
Lamium amplexicaule L.
ラミウム アンプレクシカウレ

ホトケノザ

上の写真について 05月 水田の畦にて撮影
科名 シソ科 Labiatae
花期(一般)/花色 4-6月/ピンク色の花を咲かせる
草丈 15~30cm
若い葉を食用とする
薬効/毒 海外では民間薬などで利用されている
(興味のある方はPFAF等で検索してご覧下さい)
備考 2年草/外来種(春の七草に詠まれたホトケノザは本種ではなく、コオニタビラコを指す)
写真にうつっているものの多くは完全に開いていますが、中には「閉鎖花」というものがあり、最後まで完全には開かずに自家受粉するそうです。ホトケノザは閉鎖花が多く、閉鎖花は構造そのものが元々違っているのだそうです。
4-6月が一般的な開花期ですが、春のような日が続けば秋でも満開に咲きます





Lamium amplexicaule L. 学名解説

属名 Lamium オドリコソウ属
種小名 amplexicaule 茎を抱く
命名者 L. Carl von Linne(1707-1778)
Author名:Linnaeus
標準表記:L.
専門分野:藻類、蘚苔類、菌類・地衣類、シダ類、種子植物
主要フィールド:スエーデン


写真使用規約 All photographs,images on this website are
Copyright(C) Marli Tanabe. All Rights Reserved.

ページの先頭に戻る
身近な植物 HOME>近畿の季節の野草