身近な植物 HOME>近畿の季節の野草
野草50音順野草花色順野草花期順学名覚書花樹緑blog
ヒガンバナ
Lycoris radiata Herb.
リコリス ラディアータ

ヒガンバナ

上の写真について 09月 山地の雑木林内にて撮影
科名 ヒガンバナ科 abcde
花期(一般)/花色 09月/赤色の花を咲かせる
草丈 (花茎)40~70cm
不食。過去には救荒植物とされた事もあったが危険
薬効/毒 強毒/生薬(石蒜)として利用されている
備考 多年草
山野に自生し、田の畦などには毒性のある鱗茎の効果を期待してモグラ避けに植えられている。彼岸の頃に咲く。花の頃には葉は無く、晩秋から冬の間ロゼット状に細い葉をつける。

ヒガンバナの葉
ヒガンバナの葉
Lycoris radiata Herb. 学名解説

属名 Lycoris ヒガンバナ属
種小名 radiata 放射状の
命名者 Herb. William Herbert (1778-1847)
Author名:Herbert
標準表記:Herb.
専門分野:種子植物
主要フィールド:イングランド
著作にヒガンバナ科の専門書がある。


写真使用規約 All photographs,images on this website are
Copyright(C) Marli Tanabe. All Rights Reserved.

ページの先頭に戻る
身近な植物 HOME>近畿の季節の野草