身近な植物 HOME>近畿の季節の野草
野草50音順野草花色順野草花期順学名覚書花樹緑blog
チカラシバ
Pennisetum alopecuroides (L.) Spreng.
ペンニセツム アロペクロイデス



上の写真について 11月 明るい草地にて撮影
科名 イネ科 Gramineae
花期(一般)/花色 8-11月/穂の中から多数の赤茶色の葯をのぞかせる
草丈 30~80cm
不明
薬効/毒 不明
備考 多年草
力いっぱい引いても土中から引き抜くことができない強い草。穂だけ引いてもエノコログサのようにキュポっと抜けてはくれない。
学名は「アロペクルスに似た」とありますが、日本のアロペクルス属(すずめのてっぽう等)にはあまり似ていませんね…





Pennisetum alopecuroides (L.) Spreng. 学名解説

属名 Pennisetum チカラシバ属
種小名 alopecuroides アロペクルスに似た
命名者 L. Carl von Linne (1707-1778)
Author名:Linnaeus
標準表記:L.
専門分野:藻類、蘚苔類、菌類・地衣類、シダ類、種子植物
主要フィールド:スエーデン
転属等 Spreng. Curt (Kurt, Curtius) Polycarp Joachim Sprengel(1766-1833)
Author名:Sprengel
標準表記:Spreng.
専門分野:藻類、蘚苔類、菌類・地衣類、シダ類、種子植物類
主要フィールド:ドイツ


写真使用規約 All photographs,images on this website are
Copyright(C) Marli Tanabe. All Rights Reserved.

ページの先頭に戻る
身近な植物 HOME>近畿の季節の野草