身近な植物 HOME>近畿の季節の野草
野草50音順野草花色順野草花期順学名覚書花樹緑blog
アマチャヅル
Gynostemma pentaphyllum Makino
ギノスフィラ ペンタフィルルム

アマチャヅル

上の写真について 11月 ダム池周辺にて撮影
科名 ウリ科 Cucurbitaceae
花期(一般)/花色 8-9月/薄緑色の花を咲かせる
草丈 つる性
不明
薬効/毒 生薬(七葉胆)として利用されている。チョウセンニンジンと同じ成分があるとされている。
備考 多年草
雌雄異花 直径5mm程度の小さな花を咲かせる。果実の下側にうすい横線が1本入るのが特徴。葉を噛むと苦みの他に微かな甘みがあるところから名がついたという。

アマチャヅル

アマチャヅル

Gynostemma pentaphyllum Makino 学名解説

属名 Gynostemma アマチャヅル属
種小名 pentaphyllum 5葉の
命名者 Makino 牧野 富太郎(1862-1957)
Author名:Makino
標準表記:Makino
専門分野:シダ類、種子植物
主要フィールド:日本
日本の植物分類学における第一人者。
現在も「原色牧野植物大図鑑」は広く読まれている。
精緻な植物画も大きな特徴。高知出身。


写真使用規約 All photographs,images on this website are
Copyright(C) Marli Tanabe. All Rights Reserved.

ページの先頭に戻る
身近な植物 HOME>近畿の季節の野草