身近な植物 HOME>近畿の季節の野草
野草50音順野草花色順野草花期順学名覚書花樹緑blog
アキノエノコログサ
Setaria faberi R. A. W. Herrm.
セタリア ファーベリ



上の写真について 11月 公園にて撮影
科名 イネ科 Gramineae
花期(一般)/花色 8-11月/ブラシ状の穂の中に目立たない花を多数咲かせる
草丈 40-70cm
若い葉、花穂(実は穀物の粟と同様に食べられる)
この葉は犬が好んで生食する。
薬効/毒 不明
備考 1年草。
エノコログサに酷似しますが、エノコログサに比べ穂がやや大きく、たいていは垂れ下がります。





Setaria faberi R. A. W. Herrm. 学名解説

属名 Setaria エノコログサ属
種小名 faberi ファーベル氏の
命名者 R. A. W. Herrm. Rudolf Albert Wolfgang Herrmann(1885-?※没年不明)
Author名:R. A. W. Herrmann
標準表記:R. A. W. Herrm.
専門分野:種子植物類
主要フィールド:ドイツ
※最近は Setaria pumila (Poir.) Roem. et Schult. が標準とされる模様

写真使用規約 All photographs,images on this website are
Copyright(C) Marli Tanabe. All Rights Reserved.

ページの先頭に戻る
身近な植物 HOME>近畿の季節の野草